雅楽の楽器には、
   「吹き物(ふきもの・管楽器)」
   「弾き物(ひきもの・絃楽器)」
   「打ち物(うちもの・打楽器)」
の三種がある。ジャンルや演奏形式で、使う楽器の組み合わせは変わる。
 アジア各地の楽舞が日本に伝わ った当初は、これよりもたくさん の楽器が使われていたことが、文 献や寺社などで保存されている実物によって知られている。なかで も正倉院は、古楽器の宝庫。方響 (ほうきょう)、箜篌(くご)、 阮咸(げんかん)、瑟(ひつ)、 竿(う)、排簫(はいしょう)、大篳篥(おおひちりき)などが御 物として残っている。  これらの楽器は、なぜ使われな くなったのか。定説はないが、余 分なものは徹底して捨て、できる限りシンプルに、意図するものを 表現しようとする日本人の美意識 によるものだろうと言われている。
(もっと詳しく知りたい人は下のボタンをクリック!